に投稿 コメントを残す

プログラマー求められる必要な能力・スキル・知識・環境とは?

プログラマーは依然であれば黙々と言われた通りに作業することが当たり前とされてきて淡々と作業をこなせる人が好まれる傾向にありました。
しかしながら昨今ではコミュニケーション力が必要になることも多くなっていると感じております。
プログラマーの上位職にあたるシステムエンジニアやシステムプランナーが思い描いているものがプログラマー目線に立った時に必ずしも一致しているとは限らないのが現状であると思っています。
その為にもコミュニケーション能力は非常に重要な能力やスキルであると思っています。
コミュニケーション能力が重要というとどうしてもコミュ障には難しいんだと敬遠されがちな部分がありますが決してそういうことではなく、常にコミュニケーション力が求められるわけではなく、必要な時に必要なコミュニケーションができプログラマー目線からシステムエンジニアやシステムプランナーと議論ができれば問題ないと思いますので、安心してもらえたらと思っています。
知識レベルではまずは世の中のことを広く浅く知ることが大切だと思います。
プログラムを作る過程において作ったシステムがどのようなユーザが使うかを知らないと良いプログラム・システムにはならないと思っています。
システムエンジニアがそこは決めればいいと思われがちではあるが、プログラマーもその点についてはしっかりと理解して取り組むことでユーザの満足を得ることができるので非常に大切だと思います。
また、環境についてはクリエイティブな思考を常に持つ必要があると考えますが、まず自分が快適に作業できる環境を身の回りに作ることが大切です。
そして、できる限り適宜に休息やリフレッシュタイムを設けて常に新鮮な頭でプログラムに向き合うことが大切だと思います。

に投稿 コメントを残す

プログラマーが必要な理論思考

プログラマーは一切の矛盾が許されない世界です。
なので、文字一つ間違うだけで矛盾が発生してプログラムは成り立たなくなります。
なので、数学や物理が出来る理論思考が得意な人が向いていると言えます。しかし、学校で習う数学や物理が直接的に役に立つわけでなく、あくまで理系思考を仕事に活かすという考えになります。
プログラムは白と黒がはっきりしている世界ではなりますが言い方を変えると融通が利かない世界でもあります。
なので人によっては「これぐらいのミスは許してくれ!」と思ってしまいイライラすることもあります。しかし、パソコンは些細なミスでも許してくれないです。
分かり易い例で言うと、マークシートの試験はパソコンで採点されるのですが、あれは鉛筆で明確にマークしていないと読み取ってくれないです。なので、正しい解答をしていても不合格になったり、思惑通りの点数が取れなかったりします。
なので、プログラマーとしては出来るだけ、使う人がどれだけ想定外のことをするかを想像しながらプログラミングする必要があります。